帰国後にかけられた言葉ベスト3

帰国後にかけられた言葉ベスト3。

 

第3位 「日本どうだった?」

第2位 「何食べた?」

第1位 「しかし、太ったな」

 

日本に2週間帰っただけで5キロ増。
後悔はない。幸せだった。
しかし、顔が1.4倍になってるらしい(友人談)

日本では無理して意地で食ってたもんな…痩せよう。

インドで痩せるのはカンタン。
特に雨季なんてすーぐ。

そこらへんの屋台メシを片っ端から食べればOK。
40℃近く熱は出るものの、1週間も寝込めば5キロは余裕。

でももう、30歳。病気、こーわい。
ちゃんとした痩せ方にしよう。

とりあえず、食べ過ぎに気をつけながらの運動だろうな。
「野菜スープ つくり方」でGoogle先生に相談だ。

ダイエット成功した場合のみ、結果を報告します。

何ひとつ見たくなかった

2015年6月17日
凄く怖いものを見た。

車で移動中。
相変わらず動かない渋滞のなか、高速道路の高架下をぼんやり見てた。

ゴミだらけの高架下には車が数台停まっていて、
その周り、空いてるスペースでいくつかの家族が暮らしている。

排気ガスにまみれた中で、1歳前後の赤ちゃんが何人か、
アスファルトの上に敷かれた段ボールで昼寝をしてる。

インドではよく見る風景。
とはいえ、日本で産まれたばかりの甥っ子を見てきた自分には、なんか辛く映る。

 

突然、駐車しようとした車がバックで入ってきた。

大声を上げる父親。

車が後進する先には赤ちゃん。

父親の声は届かず、車の下に消える赤ちゃん。

異変に気付き、ようやく止まる車。

 

幸い、タイヤは赤ちゃんの顔スレスレを通り過ぎた。
パニックを起こし、号泣する赤ちゃん。

あと数センチずれてたら、間違いなく死んでた。

たいして謝ることなく去っていく運転手。
そんな運転手に怒りもしない父親。
そのままそこに寝かし続ける母親。
怯えて泣き続ける赤ちゃん。

何ひとつ見たくなかった。

お土産には柿ピーがいい

2015年6月16日
今回スタッフへのお土産に柿ピーを買ってみた。

普通のと、ワサビ味と、梅しそ味。

思った以上にこれが大人気。
美味しい美味しいとバクバク食べてた。

こんな美味しいもの食べた事ないとの事。
オフィスは柿ピーの香りで充満。

特にワサビ味が人気だったみたい。
亀田製菓さん、チャンスですよ。

ついでに用意した手ぬぐいも人気でした。
去年お土産に買った扇子は一度も使ってるとこ見てないけどね。
image

ニッポン旅行記

2015年6月15日
インドに帰って参りました。

日本は信じられないくらい楽しかったなぁ。
いろんな人と再会して、遊んで、飲んで。
夢の国だなあそこは。

 

1日目
成田着からそのまま小田原へ。コンビニでニヤニヤしすぎて不審者扱い。
トレジャーフォレストで小学生に戻りアスレチック体験。
夜は熱海の街を浴衣で飲み歩き、温泉入って熟睡。
image

2日目
久しぶりの日本食に胃腸がテンパり、昨夜の思い出が全てゲロに。
午前中から秘宝館という濃いメニューをこなし、あっさりとした海鮮丼を昼食す。
鶴岡八幡で大凶のみくじを引き、夜恵比寿で酔って忘れる。
image

3日目
朝からマンガ喫茶へ行き、読みためたマンガを読んで充実。
昼過ぎたころに神楽坂のシブい店で、おでんと焼酎に日本酒。うまままい。
未明、曖昧になった記憶のまま高速バスに乗り、地元の茨城、磯原へ。
image

4日目〜6日目
予定よりも早く産まれた妹の子供と初対面。
いいちこ紙パックより小さい体を抱っこ。世界一かわいい。
夕方は小学生の甥っ子とサッカーして、夜は母ちゃんのカレーを食うの生活。極楽。
image

7日目
スカイツリーを見上げすぎてクビを痛める。
プラネタリウム見たり水陸両用バス乗ったり、田舎者まるだしでフフフ。
千葉にある友人のお店で飲み、友人夫婦宅にお世話になる。
image

8日目
寝坊したもののギリギリでバスに乗り込み京都へ移動。感動系の小説を読みひとり号泣。
新築の友人宅で古い話に浸る。コンビニにテンションが上がり、アホほどお菓子を買って引かれる。
AKBの総選挙をなんだかんだ言いながら最後まで鑑賞。さしこ恐るべし。
image

9日目
午前中から淀川の河川敷でBBQ大会。久しぶりのメンツに酒が進む進む。進む。
1年ぶりのカラオケボックスでマイク占有。楽しく遊ぶ。
京都は木屋町で飲み直し、鴨川沿いに座って終わらない話をする。雑魚寝。
image

10日目
レンタカーを借りて京都観光。嵐山でイノシシの子供の一生懸命な姿を観察。
鈴虫寺で説法を聞いて、友人の子供と初対面。赤ちゃんは友人に似てかわいい。
町の銭湯で汗と苦い思い出を流して、夜は四条へ。京大と再会。熱い友人らと再会。
image

11日目
朝から友人の愛車で滋賀ドライブ。洒落乙なカフェでコーヒーを飲んでまったーり。
そのままスーパー銭湯でのほほん。天ざる喰って、また別の友人の子供と対面。かわゆい。
夕方、新幹線に乗り東京へ。新橋の居酒屋で面白い未来の話をする。
image

12日目
実家で再び幸せな時間を過ごす。家族が増えるって凄くいいことだ。
相変わらずいいちこより小さい体を抱っこ。やっぱりかわいい。
婆ちゃん家でゆっくりした時間を過ごす。犬の遊んで遊んで攻撃にちょっと付き合う。
image

13日目
友人のお墓で近況報告。お前も早く結婚しろと言われた気がする。
帰国の準備を終わらせて一路東京へ。地元とはしばしお別れ。
夜は大勢で飲む。知り合いばっかり40名。ありがたい。本当ありがとうございます。
image

14日目
朝からいろんな人と会う。自分を見つめ直すいい機会。いい時間。
神田のカラシビラーメン食べて東京をフラフラ。東京は変わっていくので飽きない。
夜はムンバイの先輩方と新橋で飲む。東京で見る違和感、よりも再会の喜びが勝る。
image

15日目
再び泊めてくれた千葉の友人夫婦が車で成田まで送ってくれる。嬉しい限り。ありがとう。
車内の何気ない会話が楽しくて、帰る前からホームシックに陥る。奥さんのおにぎり旨し。
到着した時とは真逆のテンションで出国。でもムンバイに着くと安心する不思議。
image

マジで楽しかったです。

忙しい中、わざわざ僕と会ってくれた皆様、本当にありがとうございました。
おかげで楽しい休日を過ごす事が出来ました。
本当はもっとゆっくりしたいですが、もう少しムンバイで頑張ります。

うまくいけば次は10月帰国かな。
また遊んでください。

インドに慣れちゃったなと感じる瞬間

2015年5月9日
最近ブログの更新が滞ってるな。

と、よく言われるようになってしまった…
ていうかインドで驚く事が少なくなってきたんだよな。

インドに来て間もない頃は何もかも新鮮で、
見るものすべてに感動して、いちいち驚いていたけど、
最近はカオスな日常が当たり前になってしまった。
よくないな…

<インドに慣れちゃったなぁと感じる瞬間>

・信号のない混み合った道路をスイスイと歩いて横断してる時。
・道を知らないリキシャの運ちゃんと言い争い、近道を教えている時。
・ノーヘル5人乗りのバイクを見て何の疑問も感じない時。
・世界一最悪と言われるムンバイの列車内で居眠りしちゃった時。
・インド人同士のヒンディー語の会話がなんとなくわかっちゃった時。

今はインドより日本の方が驚く事が多いだろうな。

ちなみに次回の帰国は5/29〜6/14に決定!

基本的に茨城にいるけど東京から関西までちょこちょこ遊びにいきます。
時間のある方はご飯(インドカレー以外)行きましょう!

久しぶりの日本でリフレッシュ。
もう一度初心に戻って新鮮な気持ちでインドを見るようにしなければ!

そしてブログ更新頻度も上げよう。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インド人女性は強い

突如オフィスにかなり大きいGが出現。

みんな驚き慄くなか、
1人の女性が助走をつけ、Gに向かってシュートキック!

勢いよく吹っ飛ぶG。
唖然とするスタッフ一同。
弱ったGをつかみ取り、窓を開け、遠投する彼女。

遠くへ消えていくG。
愕然とするスタッフ一同。
「あなたたちはNon-VegだからGが怖いのよ」と彼女。

インド女性は強い。特にVeg(多分)。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

昨日見たもの

日曜、ムンバイのローカル電車に乗っていた時の話。

ある駅から10代後半くらいの青年が乗車してきた。
泣きながら。

彼が乗ってきた瞬間から車内には異臭が漂う。
何日も着続けているだろう服はボロボロ。
そして左腕が無かった。

インドの貧困層は物乞いをするために体を傷つける事がある。
その方がみすぼらしく見えて、物を乞いやすいから。
だから腕を切り落としたり、足を切ったり、目を潰したり、硫酸を浴びたりする。

彼は腕を切り落として間もない様だった。
腕を切り落とした痛みなのか、腕が失くなったショックからなのか、泣いていた。

電車内は空いていて、彼は俺の正面の席に座った。
そしてそのまま辛そうに横になってしまった。

失くした腕には汚れた布が巻いてあり、
そこから血と体液が混ざった液体が滴っている。

血と涙を流す彼を見て生きるってなんだろうと考える。

これから彼は一生、日差しが強いムンバイの排ガスにまみれた道端で、
失くした腕を使って物乞いをしていくんだろう。

何が腕を切らせたのか。悲しい。

image

ここは地獄

車で移動中。

ドライバーが突然Sorry Sirと呟く。
ドライバーそっと屁をこく。
臭いに気付き窓を開ける。
外の方が臭いのですぐ窓を閉める。
ドライバーが再度Sorry Sirと呟く。

ここは地獄。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

【動画】ホーリーの楽しみ方

2015年3月6日
本日はホーリー。

ホーリーとはインドの三大祭りの一つ。
水や色のついた粉をみんなでブチまけるお祭り。
性別も宗教も肌の色も国籍も身分も関係なく、みんなで楽しむ日。

そんなホーリーの楽しみ方を動画にしてみました。

インドで一番好きなお祭り。
是非一度参加してみましょう!

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

蕎麦とか食べたいです神様

2015年2月10日
最近はおかげさまで忙しく、外でご飯を食べることが多い。

この国の外食は選択肢が少なく、店の当たり外れが大きいので、
最近は無難なマクドナルドに行きがち。

「そんなにマクドナルド行ってたら太るよ」とスタッフに言われるが、
そんな彼は毎日オイリーなカレーと食後のデザートを楽しむ おデブちゃん。

「おデブちゃん、お前もな」

何を食べてもオイリーなインドでは、
フィレオフィッシュは健康食という扱い。(個人の感想です)

しかしながら健康が気になるお年頃。
蕎麦とか食べたいです神様。

image

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

Cool Japan Festival 2015で剣道紹介

2015年2月8日
クールジャパンフェスで剣道パフォーマンス。

2月6日から8日まで行われたクールジャパンフェスティバル2015。
その内の7日(土)にムンバイ剣友会として時間をいただき、
ステージ上で剣道の紹介パフォーマンスをしました。

皆忙しく、リハーサルの時間がなかなか取りづらいにも関わらず、
剣友会のメンバーにご協力をいただき、
当日は良いパフォーマンスを披露する事ができました。

途中 緊張で手が震え過ぎて、カンペが読めなくなるという事態もありましたが、
皆さんからの評判もなかなかで、特にインド人からの反響が大きく、
成功と言える内容になったと思ってます。
(2回目はそんなに手震えませんでしたし)

剣道という日本文化の一つをインドの皆さんに伝えられた事が何より嬉しいです。
クールジャパンフェスの運営と当日までの準備を手伝っていただいた、
株式会社LA DITTAの皆様、株式会社ドリームエッジの皆様、
ムンバイ剣友会の皆様、当日会場にお越しくださった皆々様、
この度は誠にありがとうございました。

また次の機会がありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。
image

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

【動画】インドの髪の切り方

2015年1月31日
道端にある床屋?で髪を切ってみました。

ヒドい髪型になるかと思ったけど以外と普通。
少し襟足がイビツかな…

image

いい人達だったし、また行こうかな。

インドを肌で感じたい方にオススメです。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

困ると部屋がキレイになる

2015年1月23日
長いことインターネットが止まってる。

復旧工事中との事だけど、一体いつまで工事してんだろ。
インドのインターネットはまぁ安定しない。

この国はトラブルばーっかり。

エアコンの水漏れも相変わらず。
気づくと水たまりが誕生。
シャワーからも水が滴り続けてるし。
冷蔵庫の冷えも弱い。
そしてうるさい。
シーリングファンの強弱は調整できない。
ケーブルテレビもよく映らなくなる。
洗濯機もよく止まる。
どこかに隙間があるらしく毎晩のように蚊と格闘。
何回言ってもメイドの皿洗いは雑。
俺より掃除が下手。最近サボっとる。
頼んだ郵便物は時間通りに届かない。

挙げていけばきりがない。

これがインド。
いくらお金を払おうが、これが当たり前。
困難を楽しめない人はこの国には向いてない。

しかしネットが使えないと暇な時間が増える増える。
おかげで部屋キレイになっちった。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

【動画】ムンバイの電車の乗り方

2015年1月15日
世界最悪の電車と名高いムンバイの電車。

そんな電車の乗り方を動画にしてみました。
おそらくこんな動画は日本初。

「ムンバイの電車の乗り方」

ラッシュの時間帯を避けて撮影してるので、
そこまでカオス感は伝わりませんが、ラッシュ時は地獄です。

1日の利用客は750万人で、山手線のおよそ2倍。
ラッシュ時は、乗車率2倍の山手線がドア開けっ放しで走ってる状態。
怖すぎる。

おかげで毎日10人以上がお亡くなりになってます。
そりゃそうなるだろうよ。

線路上に人歩きまくりだしね。
そんなやんちゃな人たちを止めるためのポスターがこちら。
image
怖すぎる。

ちなみに、ドアが開けっ放しなのには理由がある。
ズバリ暑いから。

ムンバイの平均気温は30℃ほど。
しかし車内にエアコンなし。
ドアが閉まってたらもっと死亡率が高いかも。

それでも朝夕のラッシュ以外であれば比較的簡単に乗ることができます。
勇気のある方は一度お試しを。

一種の絶叫マシンと思ってください。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

謎のインド式治療法

2015年1月4日
インドのクスリは効きが強い。

風邪薬だろうが胃薬だろうが痛み止めだろうが飲めば超効く。
日本のクスリよりも効き目成分が多く含まれているので、
副作用が少し心配だが、効き目は抜群。

そして値段は不安になるほど安い。
インドのクスリが怖いと言って使わない人も少なくない。

しかし、
そんな人でも気になっちゃうインドの奇跡を発見。

そのポスターがこちら。
image
インドNo.1の自然的な増毛治療だそうだ。

詳細がヒンディーなのでよくわからないが、
驚きの効果がイラストから見て取れる。

実写真でないのが残念だが、スキンヘッド状態の頭がフッサフサになるらしい。

どんなクスリ、治療法を用いるかわからないが、
副作用で、鼻が真っ黒になるらしい。

どう考えても自然ではない。
もしや、これがSTAP細胞。

鼻が黒くなっても髪を増やしたいという方がいれば是非ご連絡を。

 

さらにこのクリニック?はもう一つ画期的な治療法を開発している。
そのポスターがこちら。

奇跡の背伸ばし治療法。
image
こちらもどんな治療法なのか不明だが、
奇跡的な身長の伸びが期待できるらしい。

こちらのポスターは写真付なのでよくわかるが、
友達の中でもだいぶ浮いた存在になれるようだ。

インドの医療は驚異的。

でも近所には背の低い人ばっかり。
鼻が黒い奴なんて見たことねぇ。

もっとポスターを貼るべきだな。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

寒さに弱いサー

2015年1月2日
ムンバイに住むインド人は寒さに弱い。

12月から2月くらいまでムンバイはちょっと寒い。
といっても朝夕に20℃前後になるくらいで、日中は30℃くらい。
普通に暖かい。

暑がりな自分としては一日中半袖で居られるし、クーラーは絶対に必要。
でも彼らはセーターを着たり、ニットかぶったり、ダウンを着る人も。

しかしそれはなぜか似合わず、可愛らしい。
凍えるインド人を見ると心温かく癒される。

そしてムンバイに住む日本人も寒さには弱くなる。
一年中ずっと30℃くらいの環境にいると、寒さの感覚を忘れる。

俺自身、2年間ほど冬を体験していないのですっかり忘れてしまった。
冷えたiPhoneという凶器、凍えそうな脱衣所という拷問部屋、
冷たい便座という拷問具、冷水で洗顔という自殺行為。
今思うと逆に羨ましいが、次に迎える冬では絶叫するだろうな。

今年も春か夏に一時帰国します。(予定)
image

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドの結婚式-幸せそうでよかった

2014年12月26日
友人がめでたく結婚。

インドの結婚式に参加するのは初めて。
どんなもんかと思ったけど結婚式は結局いいもんだ。

式は17時頃から23時くらいまで。日本の結婚式と比べると長い。
乾杯の挨拶だ友人代表だといったものはなくマイペースな結婚式。
6時間のうち「いま何待ち?」と思う時間が5時間ほど。
スケジュールはあってないようなもの。とにかく幸せな雰囲気。

式は、初めに伝統的なインドのお祈りが2時間。
サリーやクルタなどの衣装で集まった招待客で新郎新婦を囲み、
その中心で結婚の儀式を行う。まずは新郎だけで1時間ほどお祈り。
image

その後花嫁がきらびやかに登場。
綺麗なサリードレスに豪華な装飾品をつけてなんとも美しいが、
花婿はその姿をその瞬間まで見ることが出来ない。
image

花嫁が登場しても新郎の前には布がかかっていて、
布が外された瞬間に初めて晴れ姿を見る。お互い照れ照れ。

その後2人で契りの儀式を行い、ブレイクタイム。
この間に親族全員がお色直し。会場も外から中に移動。
image
image

インドの結婚式は宗教とか場所にもよるが、
今回はベジ料理のみでアルコールもなし。
シラフで6時間は結構キツい。
image

ブレイクタイム中に友人らと会場のクラブ内にあるレストランに行き、
こっそりビールと肉を補給。チキンナゲットうまし。

お色直しが終わり、披露宴的なものが始まるのは19時30分。
の予定だったがなんだかんだで20時30分。スケジュールはあってないようなもの。
不満を言う人なんて1人もいない。
image

再登場した新郎新婦が一人ひとり丁寧に挨拶まわり。
続々と集まり始める招待客。終わらない挨拶まわり。痛くなる腰。
挨拶が終わると新郎新婦とその友人たちがダンスを踊り楽しませてくれる。
新婦のダンスが上手だったなぁ。

その後写真撮影会とご歓談が2時間。
というか結婚式の9割以上はご歓談。
式に終了時間はないようで、招待客は自由に帰宅。

日本のようなご祝儀システムはないので、それぞれプレゼントを持ち寄る。
我々は太り気味の新郎のためにジューサーをプレゼント。

末長くお幸せに。そして健康に。
image

インドのサンタより

2014年12月23日
甥っ子とSkype。

サンタに妖怪ウォッチのゲームもらうんだって。
いいなぁ。俺んとこもう20年くらい来てないよサンタ。

ていうか年齢的にはサンタ側か。
インドのサンタからもプレゼント送ったんだけど喜んでくれるかな。
image

次帰った時は一緒にサッカーしよう。
ボンベイジャパンの練習の成果を。いや、もっと練習が必要だな。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドのサンドイッチの作り方

2014年12月21日
最近会社のすぐ近くにある露店でサンドイッチを食べる。

その場でサンドイッチを作ってくれるんだけど、その手際が小気味いい。
なぜか不思議と見入ってしまう。のでちょっと動画にしてみました。

衛生的な雰囲気ではないけど、お腹を壊したことはない。
ただ結構カロリーは高そう。。
一度お試しあれ。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村