3年ぶりの日本の冬

3年ぶりに日本の冬を体験して驚くこと。

頬の筋肉痛
寒さから無意識に歯を食い縛るので到着2-3日目から頬筋が痛くなる。
ムンバイで歯を食い縛る事はあまりないのかも。小顔効果ありそう。

風邪を引く
日本の冬は乾燥していてとにかく寒い。この時期ムンバイは本日30℃。
インドのどんな物を食べても体調は崩さないけど、日本で風邪は一瞬で引く。

お金がかかる
夏服より冬服は高いし、贈り物も飲みの席も多い。
でも夏より楽しい。ご飯も美味しい。熱燗とか最高。

ずっと眠い
寒いとなぜか眠くなる。コタツなんて超気持ちいい。
昼寝ばっかりしてたし、久しぶりに布団が恋しい現象を体験。

空気がきれい
夏よりも空気が澄んでいて遠くまで見渡せる。
インドでは考えられないくらい遠くまで見えるので遠近感パニック。

黒さが目立つ
この季節に日焼けしてるのはウィンタースポーツ狂いくらい。
でも俺は二の腕まで黒いんだぜ。足もだ。

虫がいない
蚊どころか虫らしい虫を一切見なかった。
野良犬も牛もヤギもイノシシもいない。人間が住みやすい。

街が静か
寒さから外出を控えるのか、外が静か。
日本の街と自然の美しさにひたすら感動。日本人女性もやっぱり綺麗。

暖房が暑すぎる
エアコンから暖かい風が出るなんて。
冬服を着たままの電車は夏よりも汗かく。そして眠くなる。

久しぶりの再会が多い
年末年始は地元に人が集まる。飲みの席も多く10年以上ぶりに会えた人も。
凄く嬉しい。最高に笑った。新たなスタートだったりする。

年を越した感
年越し蕎麦を食べて、除夜の鐘を聞いて、初詣に行って、駅伝見て、お餅食べて。
このルーティンで日本人は年越しを実感すると思う。今年は年を越せた。

年末年始の日本は最高。次回も日本で年越ししよう。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください