ムンバイメトロ1号線開通!早速乗ってみた

2014年6月9日
ついにムンバイメトロ1号線が開通!

開通したのは6月8日(日)。
このメトロはムンバイを東西にわたって続く高架線。
東部のGhatkoparから西部のVarsovaまでの約11km。
image
全行程は20分ほどだが、これまで深刻だったAndheri Kurlaロードや、
JPロードなど東西に渡る渋滞や、Andheri駅周辺の渋滞解消が期待されている。
現在のところ、あんまり解消した感じはないけどな。

とにかく早速 乗ってみた。

乗車した区間はWEH駅からAndheri駅までの1区間。

WEH駅は地上10mほどにある高架線駅。
会社から徒歩5分の場所にある最寄駅。
image
ワクワクしながら駅に向かい、これまで閉ざされていた入り口を進む。
階段を登りるとキレイな駅が見事に出来上がっていた。

ヒビも入っていないキレイな通路に、新品のエスカレーター。
点字ブロックなんて久しぶりに見た気がするな。
都内の駅と見紛うほど清潔な構内。
image

ムンバイじゃないみたい。
まるで異世界だ。

ノイズのないキレイな構内アナウンスが流れる中、まずは切符売り場へ。
6月中はキャンペーン期間なのでRs.10で乗車できる。
image
窓口でRs.10を支払い、渡されたものはプラスティック製のコインのようなもの。
これが切符になるらしい。
その他にもSuicaの様なチャージ式のカードもあるようだ。
image
改札の前には手荷物のチェックとボディチェック。
それらを済ませて自動改札機へ。
image
正直もう自動改札を見ただだけで驚く様になってしまっている。
周りのインド人も同様に驚いているのでスムーズに進まない。

コインをかざせば改札が開くのだが、
戸惑ったり写真撮ったりで改札前に謎の渋滞が発生。
image
ようやく改札を抜け、エスカレーターでホーム階へ。
今まで見上げていたメトロから見下ろす街は なんとも新鮮。
別世界に来たようだ。

ホームに着くと列車はすぐにやって来た。
ドア付きで新品の車両。
image
5両編成ほどで、結構 混雑していたが、
自動ドアと窓付きのキレイな車両に嫌な感じはしない。

静かにドアが開き、降車を待って乗車。
飛び乗り乗車が基本のムンバイでこれは凄い事。

車内入るとなんとも涼しい。エアコン完備だ。
ドアの横には液晶があり広告が流れている。
明るく清潔な車内。揺れも少なく快適。

本当にムンバイじゃないみたい。
インド人にジャックされたJR線に見えてきた。
image
高さのある路線なので走っていて眺めがいい。
飛んでるように走る。

キョロキョロしているうちに目的駅に到着。
あっという間だったが楽しい時間だった。

コインを改札に入れて駅を出る。

いつの間にか雨が降っていたようで外はすごい蒸し暑さ。
一気に現実に戻される。

とにかくメトロは気に入った。
皆さんも時間があれば是非ライドン。

image

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください