意味ない煙のやーつ

モンスーンも過ぎてセカンドサマー本番。

蚊が多い。
モンスーンでできた水溜まりから出てくる出てくる。
蚊の大量発生はデング熱やマラリア蔓延にもつながる深刻な問題。

この時期になると殺虫剤の噴霧器を背負った人が、白い煙を撒いて回る。
大量の煙で一帯が真っ白になるくらい。多分人間にも害あるやーつ。
アパートの階段にも回ってくるので、玄関を出たら白い煙で視界ゼロだったりする。

image

確かに効果はあると思う。
でも、ほとんどの蚊は死なず逃げ回る。

どうやら、この白い煙が過ぎ去った後は、やたらと部屋に蚊が出る。
おそらく煙から逃げた蚊が、安全な俺ん家に逃げ込んでるんだろう。
侵入して来れそうなところは…何箇所かある。

今夜も俺の体はドリンクバー状態。
やめて欲しいんだよな、あの意味ない煙のやーつ。

明日から何を着よう

もう着ていく服がない。

洗濯機の調子が悪くなったのがもう10日以上前。
洗濯槽が回転しなくなったので、洗いも脱水もできない。
汚れた服を濡らすだけのでっかい箱。

修理はすぐ、故障した次の日に手配。
手際良く修理をして帰ったが、その日のうちにまた故障。
なんだったんだあの時間。

その後は忙しいとか何とかで修理に来ず。
別の修理業者を手配。

数日後、別の業者到着。4時間遅れはまあいい方だろう。
点検したところ、動作を管理する機械が壊れてるらしく、持ち帰って修理したいとの事。

よくぞ原因を見抜いた。いいよ、持って帰ってくれ。
と言って1週間。
全然返ってこない。

下着類やワイシャツはもうない。
それらを買いに行くための服すら危うい。

明日から何着よう。

知らんかったぞインドタウンページ

インドタウンページってアプリがある。

インドにいる日本人向けの生活情報アプリで思ってる以上に便利。
多分まだそんなに知られてないんじゃないかな。

image

俺も知らなかったけど、結構な情報の多さ。

-グルメ、買い物、ホテル、公共施設などを地図と日本語で解説
-レンタカー情報、学校、美容院、習い事など情報量が豊富
-観光名所の日本語案内
-ヒンディ語の翻訳、使えるフレーズの紹介
-インド料理のレシピ紹介
-各地の天気情報
-おすすめブログの紹介
-割引クーポン情報もあり

これが無料で使える。質も高い。

アプリ版
App Store版 インドタウンページ
Google Play版 インドタウンページ

HP版もある(俺ちょっと載ってた)
インドタウンページ

今のところムンバイとデリーに対応していて、バンガロールにも対応中。
インド住みには損のない内容。おすすめです。

俺のブログも載せてくれないかなー。

映画館は朝がオススメ

ハリウッド映画が日本より早く見れるのはインドの嬉しいところ。

今夜も近所の映画館へ。
目的はマットデイモン主演のSF映画「The Martian」

不慮の事故で火星に取り残された植物学者が生き残るために…という物語。
最新のCG技術で再現された3Dの火星はもの凄いリアル。一見の価値ありあり。

火星はいつか行ってみたいけど、どうやら人間が生きやすい環境ではないな。
という事を感じる映画。でも行った気分になれる映画。
笑えて感動して最後までちゃんと閉めてくれる。

日本では2016年の2月に公開。日本でのタイトルは「オデッセイ」
早めに見れて嬉しかったけど、やっぱり映画は日本でみたい。

字幕のありがたさもあるが、なによりインドの映画館は集中しづらい。

静かに集中して物語に集中したい自分としては、人が少ない時間を選びたい。
人が少なそうな23時の上映を狙って行ったが、インド人は夜行性。甘かった…

上映中もベラベラ喋っちゃう元気な学生達には舌打ちや睨みは効かない。
永遠にポップコーンを食べ続ける横のカップルは口を開けて食べるタイプ。
Lサイズピザをみんなでワイワイ食べちゃう目の前の家族一行。
上映中に消し忘れられた非常口の明かりがマットデイモンを凌ぐ存在感。
嵐のシーンで泣いちゃう赤ちゃんと火星に飽きて走っちゃう子供。
クライマックスシーン途中なのに照明全開にしちゃって最後のシーンぼんやーり。

普段はもう少しマシだけどね。
「オデッセイ」の方を観に行きたい。