なんなんだお前は!

2014年2月27日
会社の近くに気に入らない奴がいる。

市内の移動は基本的に車なので、
移動の前は会社前でドライバーを待つ。

そんな時 奴はやって来る。

今日も「おい、お前の靴は汚ねぇな!」と近づいて来た。
靴磨きの奴だ。

靴磨きには店舗型と移動型の2種類がいる。
こいつは移動型。
歩き回りながらお客を探すタイプ。

180cm程の長身で痩せ型。
ブラシを片手にフラフラと近づいてきてヘラヘラと喋る。
ヒンディー語なので何を喋っているか一切わからないが、
ジェスチャーや雰囲気でだいたい言ってる事はわかる。

正直、埃っぽいインドの道や 建設途中の建物内を歩くので俺の靴は汚れがち。

それでも いきなり「お前の靴は汚ねぇな」は下手くそ過ぎる。
そもそもお前の靴は俺のより汚ねぇからな!

そんなアプローチのうちはお前のサービスは受けん!
ということで毎回断る。だが奴は全く諦めない。
むしろ逆ギレ。

なんなんだお前は。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

日本に帰れるぞ!

2014年2月26日
おおよその帰国時期が決まった。

帰るのは今年の夏。
7月20日(日)前後。

出来れば涼しい時期の日本に行きたかったが、
ある おめでたい理由で帰れるのでそんな事はもうどうでもいい。
もちろん一時的な帰国。シンプルに楽しみだ。

せっかく帰るのであれば2週間ほどは日本に滞在したいところ。
その頃の仕事の状況にもよるが一応15日間の休みの許可はもらった。

地元、東京、関西。
それぞれ行ければと思っているので お暇な方がいればメシでも行きましょう!

その他 何か楽しそうなイベントはあるだろうか。
出来ればいい旅館でゆっくり温泉にでも浸かりたいな。
コンビニとか毎日行ってやろう。

ある駐在員に聞いた。
日本に帰る前には食べたいものをリストアップしておいた方がいいとの事。

確かに せっかく帰るのだから変なものは食べたくない。
早速 書き溜めていこう。
カツカレー。冷やし中華。うな重。焼肉。寿司。味噌バターコーンラーメン。

これだけは食べた方がいいというものがあれば教えてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村
⬆︎クリックしていただくと このブログが少し元気になります。

ふたたび勉強会へ

2014年2月25日
本日は勉強会へ。

参加は今回で2回目。
今回の講師はなんとムンバイ領事館の浅子総領事。

すごいな。このようなお方から直接お話が聞けるとは。
テーマは「外交官の仕事 裏・表」
なんとも面白そうだ。

総領事がいらっしゃるということもあってか、
会が始まる前 会議室内は若干のそわそわ感。

現れた浅子総領事はとても穏やかな雰囲気で、話が始まると一気に引き込まれた。

外交官が普段どのような仕事を行っているのか。
あの世界的な大事件や戦争の裏では何が行われていたのか。

何かあった時に成果がわかる仕事。とおっしゃられていたように、
普段は裏方となる事が多いが、日本が世界で活躍できるのは
浅子総領事をはじめとする外交官の方々の働きがあるからこそ。

我々が持っている外交官のイメージが変わり、更に関心が高まる1時間だった。

その後は浅子総領事を交えて懇親会。
このような会に参加できるのもムンバイにいるからこそ。

相変わらず楽しい時間を過ごさせていただきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インド人に何故ガムを食べないのか聞いてみた

2014年2月23日
そういえばインドでガムって見ないな。

何か嫌いな理由でもあるのだろうか。
匂いの強い料理ばかりあるインドではもう少し見かけてもおかしくないのに。

代替品は2つ知っている。

1つは「フェンネル」といういい香りの香辛料を砂糖でコーティングしたもの。
日本でもインド料理屋に行けばレジの横に置いていたりする。
試したことがあるが籾殻を食べてるみたいで俺は苦手。
爽快感はある。
image

2つ目は「パーン」という噛みタバコ。
キンマという手のひらほどの大きさの葉っぱで香辛料などを包んだもの。
これを噛むと赤い液体が口の中に溢れる。
道端で赤い液体をチューっと吹き台している人をよく見るが、それがこれ。
なんか未知すぎてまだ試したことはない。
爽快らしい。
image

ガムが流行らない理由はこれらが浸透しすぎているからだろうか。

お店でもガムが売ってないわけではない。
1つ5Rsほど。ちょっと高いのかな。

ということでインド人に何故ガムを食べないのか聞いてみた。

答えはなんと「嫌いだから」。
なるほど。
じゃあ食べないよね。
よくわからないけど これ以上の理由はないな。

俺がパーンに抵抗があるようにインド人もガムに抵抗があるんだろう。
でも流行らなくて正解。
おそらく街がガムだらけになる。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

デリバリーが怖い理由

2014年2月22日
デリバリーが怖い。

日本ではピザや寿司、中華などがデリバリー出来るが、
ここムンバイでも色々なものをデリバリー出来る。

ほとんど全ての飲食店がデリバリーをやっていると言っていい。
ピザ、ハンバーガー、カレー、中華、お酒、豆腐。
電話一本で何でも持って来てくれる。

驚くのはその速さ。
注文すると15〜20分程で持って来てくれる。
時間にルーズなインド人がこのスピードで持って来てくれる事に毎回毎回驚く。

そして安さ。
日本では1,500円以下は配達しないと言った制限があるが、インドにはほぼない。
100円以下だろうが注文があればなんでも持って来てくれる。

最近のお気に入りはFASSO’S
https://www.faasos.com/
日本にもあるブリトーのようなもの。結構美味しい。
その他にもビリヤーニやドライカレーもあるがこれもなかなか。

このデリバリー天国によって自炊の頻度が減りつつある。
どうしてもカロリーが高くなりがちで太りそう。いや、太りつつある。
このままではヤバイ。
初心に戻らなくては。

一つ良いニュースを聞いた。
親友夫婦に双子の子供が生まれたそうだ!
夫婦ともに昔からの友人で、このニュースは最近聞いた中で一番ハッピーだ!
おめでとう!!
俺も子供が欲しいなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

Andheri会で飲み過ぎた

2014年2月21日
今日はAndheri会。

今回で参加は2回目。
非常に楽しみにしていた。
この会はAndheriというエリアに住んでいる方や働いている方が集まり親睦を深める会。
非常にいい会だ。

時間は19時30分から。
仕事を終え、テンション高めに会場へ向かったものの、
道を教えてくれたインド人に騙されて全く別の会場に到着。
インド人に道は聞かない方がいい。あの野郎。

幸い本当の会場は遠くなかったのでなんとか時間通りに到着。
参加は20名以上。
様々な業種業態の方が集まり楽しい時間を過ごす。
インドあるある とインド人への不満話は相変わらず盛り上がる。
あの野郎のおかげだな。

正直、飲みすぎてところどころ記憶が無いので長い文章が書けないが、
とにかく楽しかったという記憶はある。
どうやって帰ったのか、どこまでが夢かは微妙。
こんなに酔っ払ったのは久しぶりだ。

ところで最近、ブログ見てるよと言われることが増えた。
嬉しいような恥ずかしいような。

みなさんありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

あなたはどの段階?インド人の印象

2014年2月18日
インドに来る前に教えてもらった事。

インドで生活するとインド人に対する感情が3段階でやってくるらしい。
その3つがこれ。

①親切に接してくれるインド人を好きになる。
②いい加減なインド人の本性を知り、嫌いになる。
③全てを受け入れ、ストレスがなくなる。

確かに波はあるかも。

今 自分がどのフェーズかは内緒だが、
インド人と仕事をするのは まぁ大変。

まず、何と言っても時間を守らない。
そしてやってくれと言ったことをやらず嘘をつく。
すぐにサボり、謝らない。

もちろん、うちのスタッフ含め上の欠点が少ないインド人もいるがそれは稀。
日本人と性格や仕事の取り組み方に大きなギャップがあるのでトラブルが発生。
何をするにも日本の数倍 時間と手間がかかる。

自分は日本人とインド人の間に入る調整役。
インド人に怒って日本人に謝るという事ばかり。

どうすればうまく両者のストレスを軽減できるかが今の課題。
そして俺のストレス軽減も課題。板挟みだ。

しかしインド人にもいい面がたくさんある。

まず、何と言っても優しい。
気さくで困っていれば手を差し伸べてくれる。
そして信頼した人間には誠意をもって接してくれる。
憎めない笑顔でメンタルも強い。

決して嫌いではない。
そろそろ第三フェーズかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

普段なにげなく撮っている写真を

2014年2月17日
最近撮った写真をいくつか。

ホームで電車を待つ人たち。
並ぶといった考え方はない。
というか電車が止まる前に乗ってしまうので乗車位置というものが不要。
image

リキシャの中。
たまにリキシャの運転手はトイレ行ってくると言って客を放置する。
この時はどうやら大の方だったらしく10分以上待った。
image

近所に飾られていた神様。
結構な大きさ。いつも突然現れていつの間にか消えている。
お祭りなのか何なのか。神出鬼没。
image

ムスリム居住地区にて。礼拝の時間。
なんとも言えない迫力で撮るのは結構怖かった。
image

ナリマンポイントの先の方。
インド人とテトラポット。なんか不思議な光景だ。
ここはカップルの聖地。京都の鴨川みたいな感じかな。
image

二階建てバス。これはオフィスビルの敷地内にあるオブジェ。
インドには赤い二階建てバスがよく走っているがこんなにキレイじゃない。
そして翼は生えてない。
image

昼食後たまに飲むペプシ。
インドには自動販売機はない。
200mlで8Rs。安い。
image

靴磨き。
インドは道路が汚いせいか靴磨きを多く見かける。
10Rs程でピカピカにしてくれる。
image

インドは写真を撮りたくなる瞬間が多い。
いい風景と言うよりツッコミどころが多い。

いいカメラ買おうかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

パーティー行かなあかんねん

2014年2月16日
本日はすき焼きパーティー。
image

フットサルの先輩宅でワイワイと。
ムンバイですき焼きが食べられるとは夢にも思わなかった。
しかも牛肉を使った本格的なすき焼きを。もちろん生卵で。
幸せだ。
この味は忘れていた。こんなにうまかったのか。
image

土曜もまたホームパーティー。

ムンバイ剣友会の先輩宅で先輩の会社の歓送迎会も兼ねたパーティー。
奥様方の手料理がまた高級店のように美味。
絵に描いたような良いお子さんと可愛いペットに囲まれて。いいなぁ。
久しぶりのWiiに燃えたがボロボロに敗退。
image

ムンバイにいると人との繋がりの重要性をとても強く感じる。
一人では充実した生活を送ることはまず無理で、活力も生まれない。
呼んでいただくばかりで申し訳ないが、こういう楽しみがあるからこそ仕事が頑張れている。

単身で乗り込んできたムンバイで毎週末を楽しめるようになったのは本当に嬉しい。
ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

おかえりなさいませ ご主人様

2014年2月15日
メイドを雇うことにした。

出来る事は自分でと思っていたが、最近は土日も一日中外に出ることが増えたので なかなか片付けの時間がない。
というか昔から整理整頓はあまり得意じゃない。
改善しなきゃと思いつつも、メイドを雇うなんてインドにいないと出来ないしな。
雇おう。

メイドといっても非常に安い。
週に3回 部屋の掃除に来てくれて月600Rs。1000円ほど。
洗濯や食事をプラスするともう少し高くなるがそれでもリーズナブルだ。
これで毎日キレイな部屋に住めるなら超安い。

日本に帰る頃には片付けスキルがゼロになってるな。
いや、頑張ろう。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

ムンバイ電車の正しい乗り方講座

2014年2月14日
初めてラッシュ時の電車に乗った。

夕方の帰宅ラッシュ。
ものすごかった。
あれを見てしまうと日本の通勤ラッシュなんてかわいいもの。

かけこみ乗車なんてマナーのいい方。微笑ましいレベル。
ここでは飛び乗り乗車が基本だ。

日本のようにプラットホームに整列して待つなんてことはない。
隙間なくホームの線路側にごちゃっと集まる。

ラッシュ時の電車の乗り方は以下の手順。

<東京>
①電車が停車
②ドアが開く
③降車を待つ
④列の先頭の人から乗車
⑤出発

<ムンバイ>
①ドアはない
②勇気のある人から乗車
③電車が停車
④降車を待つ
⑤出発

電車がホームに近づいてくると威勢のいい気合が飛び交う。
度胸試しのお祭りみたい。いくぞー!って感じ。
強者になると時速20kmくらいの時点で飛び乗る。
身体の持って行かれ方が事故だ。

飛び乗ったら空いている席までまっしぐら。
この人達は座ることに命をかけている。

ホームに電気はほとんどなく暗い。
電車が到着すると電車内の光でホームが少し明るくなるが、
全員が乗り込むと電車から漏れていた光が人で塞がれて再び真っ暗になる。

すっかり引きました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドのLINEに新たなスタンプが

2014年2月12日
インドのLINEに新たなスタンプが。

おそらく日本ではダウンロード出来ないスタンプ。
ただ、このキャラクターってこんな感じだったっけ。
image
image
ところ変わればキャラクターも変わる。
表情が外国って感じだな。
何というか可愛さがない。

無料だったのでダウンロード。

元々あったスタンプはウケが悪かったのだろうか。
日本だとLINEは全体的にかわいい雰囲気があるけど、
少なくともインドではその雰囲気は微妙なようだ。

他の国のスタンプも見てみたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

ソチオリンピックにインド出場!

2014年2月11日
『IOC、インドの資格停止を解除』
http://www.nikkansports.com/sochi2014/general/news/f-sochi-tp0-20140211-1256251.html

インドにとって嬉しいニュースだ。

これまでのインドオリンピック委員会は汚職まみれ。
今回出場資格を停止させられたのもインド政府がオリンピック委員会の役員選挙に干渉したため。

しかし9日に新たなオリンピック委員長が選出され、組織運営が改善されたという事で急遽参加が認められる事になった。
大会中に参加国数が増えるのは史上初らしい。

これで開会式で掲げられなかったインド国旗を閉会式には掲げて行進することができる。
よかったねインド!

と思ったが街中にオリンピックで盛り上がっている雰囲気は感じられない。
オリンピックはそこまで関心事ではないようだ。
確かに30℃近い気温の中で冬季オリンピックと言われてもピンとこない。

出場選手も3名のみ。インド人12億人もいるのに。
これまで冬季オリンピックでのメダル獲得数もゼロ。
国としてそこまで力を入れてないんだろう。

夏季オリンピックも同様。
インドはとにかくクリケット。
クリケットがオリンピック種目に加えられない限りオリンピックなんてマイナーな大会だ。

こんなインドの雰囲気をぶち壊すためにも今回出場した3選手には是非とも頑張って欲しい。
頑張れインド!
頑張れニッポン!

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

診断の結果…

2014年2月10日
再び病院へ。

今回は診断結果を聞くため。
相変わらず足の痛みは消えていない。

午前中に休みをもらい前回行った病院へ。
優しいナースに導かれて待ち時間ゼロで診察室へ入る。
結構混み合っていたので順番を待っている人達の目が痛い。

相変わらず白衣を着ていない医者がお出迎え。
院内で医者と患者の見分けがつかない。

再び雑な触診をして診断結果を発表。
結果は「重度の捻挫」。

骨に異常はないが筋をおかしくしているらしい。
まぁひびが入ってなくてよかった!
ただ1ヶ月程は運動を控えるようにとの事。
せっかく運動の習慣が身についたのに。

インドではレントゲン写真を持ち帰らせてくれる。
日本でもくれるのかな。
レントゲン写真がこれ。
image
毎食後に飲む薬を処方される。
これで1週間ほど様子をみるようだ。

診察後に今度は朝ごはんをご馳走になってしまった。
ありがとう奥さん。美味しかったです。
image
とにかく無理はせず治療に専念しよう。
早く体を動かしたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

黄色いタイヤの正体は

2014年2月9日
インドの道端にはよく黄色いタイヤが掲げてある。
image

本当によく見かける程、至るところある。
気になったのでこれは何?とドライバーに聞いてみたところ、
これはタイヤの修理屋の看板だと教えてくれた。
なるほど。そのまんまだ。

この黄色いタイヤの近くにはタイヤ屋があり、そこに行けばパンクの修理などが出来るそう。
インドの道路はガタガタで何が落ちているかもわからないので車、バイク、自転車はパンクし放題。
そのためたくさんある訳だ。
1kmも走ればこの黄色いタイヤを5,6個は見つけることができる。

目立つ色として黄色が使われているんだろうが、より目立とうと高い場所に掲げてあるタイヤをたまに目にする。
中にはどうやってそこに置いたんだという高い木の上などに置いてあったりする。
それは逆に誰も気づかないよ。
image

その他にベニヤ板を鍵の形に切り抜いて黄色く塗った看板もある。鍵屋だ。
書類をコピーしてくれるお店も決まって黄色い看板にXEROXと書いてある。
そういえばリキシャも黄色が使われている。

インド人は黄色に目が行くのだろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドの看護婦は親切だった

2014年2月8日
やっぱり足が痛い。

治りかけに調子に乗って稽古をしたのが悪かったのかな。
薬を飲んでも塗ってもダメなので病院へ行くことに。

ドライバーにミセスホスピタルというバンドラの病院へ連れて行ってもらった。
インドの病院は初めて。
どんなところだろうと心配したが着いた場所は意外と清潔な病院だった。
ここは外国人の利用が多い。と説明を受けたが見渡すとインド人ばっかり。

到着すると待ち時間ゼロでレントゲンを撮ってもらえた。
レントゲン室は日本と変わらないあの雰囲気。
医者と助手がいたが特に白衣は着てない。
image
医者?に症状を伝えた後にレントゲンを数枚撮影。
案内してくれたナースは親切だったが医者と助手の仕事は雑。
荒々しく幹部を触るので痛い痛い。
image
結果は来週の月曜日に伝えるとの事。
おそらくひどい捻挫だろうと言っていた。
湿布や薬の処方はなし。費用は270Rs。

よく聞くと対応をしてくれた親切なナースはドライバーの奥さんだった。
どおりで待ち時間なしで診察が受けられた訳だ。
ありがたい。

病院内を興味深そうに見ていたら、診察後に病院内を見学させてくれた。
素敵な奥さんだ。コーラまで奢ってくれた。
足が治ったら家にも招待してくれるそう。
なんていい人たちなんだろう。
image
右がドライバーで左が奥さん。
ドライバーの彼も気のいい人。
彼らには世話になりっぱなしだ。

足が治ったら何か気の利いたものを持って家にお邪魔させてもらおう。
インド人は何を持って行けば喜ぶのかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドの車窓から

2014年2月7日
今日はムンバイ剣友会。

稽古は19時開始だが仕事が終わったのがNavi Mumbai。
時間は17時30分。
Navi Mumbaiから稽古場のNariman Pointまでは距離にして25kmほど。

ただこの時間は渋滞がカオス状態なので絶対に車では時間通りに着かない。
という事で電車を使う事に。

Western Railwayと言う路線。この路線は初めてだ。
Vashi Railway駅からChhatrapati駅まで約1時間の電車旅。
image
インドの電車は楽しみの一つ。
カオスな感じが面白く、日本では味わえないドキドキがある。

乗車すると車内はいきなり混んでいた。
インド人は乗車しても中まで詰めないので入口付近がめちゃくちゃ。
image
車内の雰囲気はこんな感じ。
なんか刑務所っぽい。
image
ただドアがないので開放感がある。
image
絵本売りが車内をウロついているがこんな所で売れるんだろうか。
image
日本人はなかなか乗らないので結構注目される。

到着したChhatrapati駅は世界遺産。
雰囲気が素晴らしい。
image

駅からタクシーを使ってなんとか時間通りに到着。
ただまだ足が痛いので激しい稽古は難しいかな。
今日も頑張ろう!

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

ものすごい電話がかかってきた

2014年2月5日
ものすごい電話がかかってきた。

夕方ごろ。
知らない番号からの着信。
電話を取るなり女性がいきなり喋り出した。
とにかく早口。
英語とヒンディーが混ざっていてよくわからない。
そして止まらない。

よく聞いてみると「子供の父親になってくれ」と言っている。
いやいや。乱暴な。身に覚えもないわ。
いきなりインドで父子家庭は人生ハードすぎるって。
海外セレブじゃないんだから。

インドは今ウェディングシーズン。
幸せな家庭は手に入れたいが物事には順序ってものがあるはず。

しかしこれで「はい、いいですよ」と言う人がいるのだろうか。
これまで物乞いはよくあったがこのパターンは初めて。
恐るべしインド人の積極性。2回もかかってきた。

にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

換気扇のアホ

2014年2月4日
またキッチンの換気扇が壊れた。

これで何度目だろう。
もう中の配線がダメなんだろうな。
また修理を頼まなくては。

インドで洗濯物は部屋干しが基本。
天気はいいが空気が汚いから。
気温が高くて湿度が低いのでシーリングファンを回しておけば半日で乾いてしまう。

ただやっぱり匂いが移りやすい。
換気扇が止まっていると余計。
洗濯物に夕飯の匂いがしっかり染み付いてしまった。

明日の俺はカレーチャーハンの香り。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドで足を痛めた方にオススメです

2014年2月3日
先日の剣道の稽古から足を負傷している。

剣道は技を繰り出す際に右足で床をドンと踏み込む。
日本の道場の場合は床に柔らかさがあるため問題ないのだが、
前回稽古をしたヨガルームはコンクリートの上に板を張っただけの硬い床だったので
大きく踏み込んだ時に右の踵を痛めてしまった。

普通に歩けない痛みで日にちが経った今でもまだ痛む。
これでは仕事に支障があるということでインド人に何かいい治療法はないかと尋ねたところ
インド流の治癒方を教えてもらった。

やり方は非常に簡単。

①バケツなどの容器にお湯を張る
②そこに少し塩を入れる
③10〜15分足をつける

出来れば毎日が理想との事。
インドでは捻挫などの負傷はこの方法で治すらしい。
いわゆる足湯だ。
image

こんな事で治るかと思ったけど実際によくなった気もする。
温泉ほどではないが少し効能はあるようだ。

インドで足を痛めた方にオススメです。
ただし生傷がある場合はやめた方がいいでしょう。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村