蕎麦とか食べたいです神様

2015年2月10日
最近はおかげさまで忙しく、外でご飯を食べることが多い。

この国の外食は選択肢が少なく、店の当たり外れが大きいので、
最近は無難なマクドナルドに行きがち。

「そんなにマクドナルド行ってたら太るよ」とスタッフに言われるが、
そんな彼は毎日オイリーなカレーと食後のデザートを楽しむ おデブちゃん。

「おデブちゃん、お前もな」

何を食べてもオイリーなインドでは、
フィレオフィッシュは健康食という扱い。(個人の感想です)

しかしながら健康が気になるお年頃。
蕎麦とか食べたいです神様。

image

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

Cool Japan Festival 2015で剣道紹介

2015年2月8日
クールジャパンフェスで剣道パフォーマンス。

2月6日から8日まで行われたクールジャパンフェスティバル2015。
その内の7日(土)にムンバイ剣友会として時間をいただき、
ステージ上で剣道の紹介パフォーマンスをしました。

皆忙しく、リハーサルの時間がなかなか取りづらいにも関わらず、
剣友会のメンバーにご協力をいただき、
当日は良いパフォーマンスを披露する事ができました。

途中 緊張で手が震え過ぎて、カンペが読めなくなるという事態もありましたが、
皆さんからの評判もなかなかで、特にインド人からの反響が大きく、
成功と言える内容になったと思ってます。
(2回目はそんなに手震えませんでしたし)

剣道という日本文化の一つをインドの皆さんに伝えられた事が何より嬉しいです。
クールジャパンフェスの運営と当日までの準備を手伝っていただいた、
株式会社LA DITTAの皆様、株式会社ドリームエッジの皆様、
ムンバイ剣友会の皆様、当日会場にお越しくださった皆々様、
この度は誠にありがとうございました。

また次の機会がありましたら、どうぞ宜しくお願い致します。
image

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

【動画】インドの髪の切り方

2015年1月31日
道端にある床屋?で髪を切ってみました。

ヒドい髪型になるかと思ったけど以外と普通。
少し襟足がイビツかな…

image

いい人達だったし、また行こうかな。

インドを肌で感じたい方にオススメです。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

困ると部屋がキレイになる

2015年1月23日
長いことインターネットが止まってる。

復旧工事中との事だけど、一体いつまで工事してんだろ。
インドのインターネットはまぁ安定しない。

この国はトラブルばーっかり。

エアコンの水漏れも相変わらず。
気づくと水たまりが誕生。
シャワーからも水が滴り続けてるし。
冷蔵庫の冷えも弱い。
そしてうるさい。
シーリングファンの強弱は調整できない。
ケーブルテレビもよく映らなくなる。
洗濯機もよく止まる。
どこかに隙間があるらしく毎晩のように蚊と格闘。
何回言ってもメイドの皿洗いは雑。
俺より掃除が下手。最近サボっとる。
頼んだ郵便物は時間通りに届かない。

挙げていけばきりがない。

これがインド。
いくらお金を払おうが、これが当たり前。
困難を楽しめない人はこの国には向いてない。

しかしネットが使えないと暇な時間が増える増える。
おかげで部屋キレイになっちった。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

【動画】ムンバイの電車の乗り方

2015年1月15日
世界最悪の電車と名高いムンバイの電車。

そんな電車の乗り方を動画にしてみました。
おそらくこんな動画は日本初。

「ムンバイの電車の乗り方」

ラッシュの時間帯を避けて撮影してるので、
そこまでカオス感は伝わりませんが、ラッシュ時は地獄です。

1日の利用客は750万人で、山手線のおよそ2倍。
ラッシュ時は、乗車率2倍の山手線がドア開けっ放しで走ってる状態。
怖すぎる。

おかげで毎日10人以上がお亡くなりになってます。
そりゃそうなるだろうよ。

線路上に人歩きまくりだしね。
そんなやんちゃな人たちを止めるためのポスターがこちら。
image
怖すぎる。

ちなみに、ドアが開けっ放しなのには理由がある。
ズバリ暑いから。

ムンバイの平均気温は30℃ほど。
しかし車内にエアコンなし。
ドアが閉まってたらもっと死亡率が高いかも。

それでも朝夕のラッシュ以外であれば比較的簡単に乗ることができます。
勇気のある方は一度お試しを。

一種の絶叫マシンと思ってください。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

謎のインド式治療法

2015年1月4日
インドのクスリは効きが強い。

風邪薬だろうが胃薬だろうが痛み止めだろうが飲めば超効く。
日本のクスリよりも効き目成分が多く含まれているので、
副作用が少し心配だが、効き目は抜群。

そして値段は不安になるほど安い。
インドのクスリが怖いと言って使わない人も少なくない。

しかし、
そんな人でも気になっちゃうインドの奇跡を発見。

そのポスターがこちら。
image
インドNo.1の自然的な増毛治療だそうだ。

詳細がヒンディーなのでよくわからないが、
驚きの効果がイラストから見て取れる。

実写真でないのが残念だが、スキンヘッド状態の頭がフッサフサになるらしい。

どんなクスリ、治療法を用いるかわからないが、
副作用で、鼻が真っ黒になるらしい。

どう考えても自然ではない。
もしや、これがSTAP細胞。

鼻が黒くなっても髪を増やしたいという方がいれば是非ご連絡を。

 

さらにこのクリニック?はもう一つ画期的な治療法を開発している。
そのポスターがこちら。

奇跡の背伸ばし治療法。
image
こちらもどんな治療法なのか不明だが、
奇跡的な身長の伸びが期待できるらしい。

こちらのポスターは写真付なのでよくわかるが、
友達の中でもだいぶ浮いた存在になれるようだ。

インドの医療は驚異的。

でも近所には背の低い人ばっかり。
鼻が黒い奴なんて見たことねぇ。

もっとポスターを貼るべきだな。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

寒さに弱いサー

2015年1月2日
ムンバイに住むインド人は寒さに弱い。

12月から2月くらいまでムンバイはちょっと寒い。
といっても朝夕に20℃前後になるくらいで、日中は30℃くらい。
普通に暖かい。

暑がりな自分としては一日中半袖で居られるし、クーラーは絶対に必要。
でも彼らはセーターを着たり、ニットかぶったり、ダウンを着る人も。

しかしそれはなぜか似合わず、可愛らしい。
凍えるインド人を見ると心温かく癒される。

そしてムンバイに住む日本人も寒さには弱くなる。
一年中ずっと30℃くらいの環境にいると、寒さの感覚を忘れる。

俺自身、2年間ほど冬を体験していないのですっかり忘れてしまった。
冷えたiPhoneという凶器、凍えそうな脱衣所という拷問部屋、
冷たい便座という拷問具、冷水で洗顔という自殺行為。
今思うと逆に羨ましいが、次に迎える冬では絶叫するだろうな。

今年も春か夏に一時帰国します。(予定)
image

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドの結婚式-幸せそうでよかった

2014年12月26日
友人がめでたく結婚。

インドの結婚式に参加するのは初めて。
どんなもんかと思ったけど結婚式は結局いいもんだ。

式は17時頃から23時くらいまで。日本の結婚式と比べると長い。
乾杯の挨拶だ友人代表だといったものはなくマイペースな結婚式。
6時間のうち「いま何待ち?」と思う時間が5時間ほど。
スケジュールはあってないようなもの。とにかく幸せな雰囲気。

式は、初めに伝統的なインドのお祈りが2時間。
サリーやクルタなどの衣装で集まった招待客で新郎新婦を囲み、
その中心で結婚の儀式を行う。まずは新郎だけで1時間ほどお祈り。
image

その後花嫁がきらびやかに登場。
綺麗なサリードレスに豪華な装飾品をつけてなんとも美しいが、
花婿はその姿をその瞬間まで見ることが出来ない。
image

花嫁が登場しても新郎の前には布がかかっていて、
布が外された瞬間に初めて晴れ姿を見る。お互い照れ照れ。

その後2人で契りの儀式を行い、ブレイクタイム。
この間に親族全員がお色直し。会場も外から中に移動。
image
image

インドの結婚式は宗教とか場所にもよるが、
今回はベジ料理のみでアルコールもなし。
シラフで6時間は結構キツい。
image

ブレイクタイム中に友人らと会場のクラブ内にあるレストランに行き、
こっそりビールと肉を補給。チキンナゲットうまし。

お色直しが終わり、披露宴的なものが始まるのは19時30分。
の予定だったがなんだかんだで20時30分。スケジュールはあってないようなもの。
不満を言う人なんて1人もいない。
image

再登場した新郎新婦が一人ひとり丁寧に挨拶まわり。
続々と集まり始める招待客。終わらない挨拶まわり。痛くなる腰。
挨拶が終わると新郎新婦とその友人たちがダンスを踊り楽しませてくれる。
新婦のダンスが上手だったなぁ。

その後写真撮影会とご歓談が2時間。
というか結婚式の9割以上はご歓談。
式に終了時間はないようで、招待客は自由に帰宅。

日本のようなご祝儀システムはないので、それぞれプレゼントを持ち寄る。
我々は太り気味の新郎のためにジューサーをプレゼント。

末長くお幸せに。そして健康に。
image

インドのサンタより

2014年12月23日
甥っ子とSkype。

サンタに妖怪ウォッチのゲームもらうんだって。
いいなぁ。俺んとこもう20年くらい来てないよサンタ。

ていうか年齢的にはサンタ側か。
インドのサンタからもプレゼント送ったんだけど喜んでくれるかな。
image

次帰った時は一緒にサッカーしよう。
ボンベイジャパンの練習の成果を。いや、もっと練習が必要だな。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドのサンドイッチの作り方

2014年12月21日
最近会社のすぐ近くにある露店でサンドイッチを食べる。

その場でサンドイッチを作ってくれるんだけど、その手際が小気味いい。
なぜか不思議と見入ってしまう。のでちょっと動画にしてみました。

衛生的な雰囲気ではないけど、お腹を壊したことはない。
ただ結構カロリーは高そう。。
一度お試しあれ。

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

インドの子供たちとポケモン

2014年11月29日
子供たちが部屋に来た。

これからもちょこちょこきそうだなぁ。

今住んでいるアパートには元気な子供がいっぱい。
みんな人見知りもせずフレンドリー。敷地内でよーく遊んでいる。

夜も遅くまで遊んでいて、たまに仕事終わり一緒にクリケット。
ルールわかんないけど喜んでくれてるのでOK。
「ヒロ」とか「アンクル」と呼ばれながらご近所付き合いはボチボチ。

昨日は家に「ポケモンしようぜ」とやって来た。
フレンドリーなやつらめ。20年ぶりに誘われたよポケモン。

この辺の子供はインターネットでポケモンをするらしい。
http://www.pokemonlake.com/

「なんでヒロはポケモンやってないんだ?」
と強制的にポケモンを始めさせられる。

一緒にポケモンをしながら
「好きなポケモン何?」
「なんで日本はアメリカと戦争したの?」
「好きなお菓子何?」
「なんで広島と長崎に原爆を落とされたの?」
という振れ幅の広い質問。

インドの子供たちの好奇心はすごいな。
アンクルの頭は混乱。

にぎやかでよかった。
image

ムンバイにバーガーキング上陸!

2014年11月23日
ムンバイ初上陸のバーガーキングに行ってきた。

今月9日、デリーにインド第1号店をオープンさせたバーガーキング。
先週末にオベロイモール内にオープンした店舗は国内の第2号店となる。

オベロイモールはムンバイの北側ゴレガオンにあるショッピングモール。
俺の住むAndheri Eastからは、道が空いていればリキシャで15分ほど。

Foever21なども入る綺麗なモール内は、
大きなポスターやディスプレイでバーガーキング一色。
image

バーガーキングは3rd Floorのフードコート内にある。
お腹も空いていたのでまっすぐ3rd Floorへ。

お昼前だったがすでにバーガーキングには人だかり。
他にマクドナルドやサブウェイなどもあるが、今日はバーガーキングの一人勝ち状態だ。
image
image

早速レジに並ぶ。

バーガーキングといえば大きな牛ハンバーグが入ったワッパーが有名だが、
インドでは牛肉が使えないため、チキンとマトンのみ。
image
(これでもメニュー全体の半分ほど)

豊富なメニューに少し迷ったが、
チキンワッパーのキングサイズセットをオーダー。
税込でRs.250。そこまで高くはない。

待ち時間ほぼ無しで出されたワッパー。やっぱりでかいな!
大きさは手のひらぐらい。インド人もビックリってやつだ。
image
image

肝心の味は、うまい!
大きなチキンにトマトとレタス、玉ねぎ。
マヨネーズソースが絡んで美味しい。
そして食べ応え十分。

セットのポテトもボリューミーなので、
キングサイズのセットを食べればお腹はパンパン。

今後バーガーキングはデリーとムンバイの間に12店を展開していく予定。
最終目標は国内500店舗だとか。もっと近所に出店してくれると嬉しいんだけど。
12店がオープンした後はその後デリバリーも始めていくそうだ。

機会があれば是非お試しを。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

ブログにも変化を

2014年11月20日
このブログを始めて1年以上が経つ。

早いなー。
皆さんに見ていただいてるお陰で何とかやってこれました。

ブログを書いているとやっぱりアクセス数などが気になるもので、
たまにGoogle Analyticsでアクセス分析をするのがちょっとした楽しみ。

アクセスの大半は日本からで、インドは3割ほど。
そのほか世界59ヶ国から多くの人に見ていただいてます。
ありがとうございます。

順番としては、
1位 日本
2位 インド
3位 アメリカ
4位 シンガポール
5位 フランス

市区町村別だと、
1位 ムンバイ
2位 渋谷区
3位 港区
4位 大阪市
5位 新宿区

今後も頑張って更新していきます!

ただ、何か変化が欲しいところ。
ということで今後は動画も載せていこう。

iPadしかないので動画編集に限界はあるけど、
どんな動画を作ったら面白いだろう。

まずは動作テスト。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

映画館に行こう-インターステラー

2014年11月20日
すこし前に映画「インターステラー」を見てきた。

長い映画だったけど感動したなぁ。

独特な世界観で深い映画だったが、いかんせん英語力が不足しているもので、
6割程しか理解できてないだろう。

それでも感動させてくれるノーラン監督すごいす。
後で日本語字幕版を見たら もう一回感動するんだろうな。

今住んでいる家は映画館まで歩いて5分もかからない距離。
スーパーも酒屋もないが、エンターテインメント性だけは優れた立地。

時間も遅くまでやっているので、暇な夜にフラッと行って楽しめる。
特に平日の夜は人が少なく集中できるのでお気に入り。

imageインドは映画館の安さが魅力。
映画館にもよるだろうが、近所のBIG CINEMAはRs.240(500円以下)で見れる。
音響もシートも清潔でちゃんとしていて文句は無し。さすがは映画大国。

日本との違いとしては、映画が始まる前に国家が流れる事。
全員が起立する姿は初めて見た時は驚いたな。

もう一つは、必ず映画の中盤で15分程の休憩時間が設けられる事。
これが微妙。トイレにも行けるし、飲み物を買いに行けるんだけど、
なんとも中途半端なタイミングで切るので、盛り上がっていた気持ちが一旦冷めてしまう。

そして客が若干うるさい。
携帯とか普通に鳴っちゃうし、隣でフルサイズのピザとか平気で食べちゃう。
人が多い話し声も全然聞こえるので、慣れるまでは集中しづらいかも。

とはいえ数少ない娯楽の一つ。十分に楽しんでます。
まだ行ったことがなければ是非。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

最近の写真-Rock Star号

最近撮った写真をば。

image
image
ディワリのお祈り時に巻いてもらった紐。
今年のは異様にキツく縛ってある。
たまに血が止まりそうになるので外してしまいたいが、
それでは願いが叶わなくなるとの事。
今一番の願いはこの紐が切れる事。

image
image
ちょっと前に観戦に行ったインドスーパーリーグ。
たったのRs.150程で試合が見れてしまう手軽さ。
思った以上に観客も入っていて、会場は異様な熱気に包まれていた。
しかしながら我らがMumbai City FCは堂々と敗北。。
それでも人生初のサッカー観戦。楽しかった。

image
外国人登録(FRRO)の更新に行った時に起きた事件。
受付で待っていたところ突然天井が突如崩落。
瓦礫が外国人男性を直撃。
幸いかすり傷程度だったようだけど、あれは危なかった。
あんなに心のこもった「Oh My God!」は初めて聞いた。

image
この間見つけたカッコいいリキシャ。
その名も「Rock Star号」
汚くてボロボロなリキシャばっかりの中、これだけ綺麗でカスタムされたリキシャは見た事ない。
車内は天井が高く改造されていて、カーテン付いてたり車内灯がキラキラだったり。
街で見かけたら何かいい事あるかも。是非乗ってみて欲しい。

以上です!
 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

拷問60分コース

2014年11月17日
先週末のサッカーで足を痛めた。

激しいプレー中などではなく、ただただ走っていた時に。
目撃者ほぼなしのサイレント捻挫。

俺だけに聞こえた「ゴリッ」という大きな音。
めちゃくちゃ痛かった。

その日はそのまま見学で終了。
練習後、友人らとマッサージへ。

施術のお姉ちゃんに「今日足を挫いたから右足は優しくね」とお願い。
しかしお姉ちゃん患部を念入りに揉みほぐす。地獄の苦しみ。

どうやら「そこ凝ってるから重点的にお願い」で伝わってる。
いい香りのする静かな施術室は一瞬にして拷問部屋に。
違うんだお姉ちゃん。そうじゃない。

60分後、マッサージ前より腫れた足を引きずり帰宅。

医者曰く「酷い捻挫」
土曜までには治りますように。
image
 
⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

チカンあかん!

2014年11月16日
先日の不可解な出来事。

夜から食事会に行くため家の近くでリキシャを捕まえた。
20時過ぎだったかな。ハイアットホテルまでお願いと伝えるとOKと言って走り出した。
目的地までは5キロほど。渋滞があるから30分くらいかかる。
image
しかし、走り出して10分後、リキシャが急に停車。
目的地までの道がわからないと急に言い出した。

俺が道を示すからその通り行ってくれと言ったが、
それじゃよく分からないから前に乗って道案内してくれとの事。

リキシャの前の座席は1人用。2人で乗ったらギュウギュウだ。
なんでだよ。と言ったが運転手のおじさんはごねる一方。

停まった場所もまた微妙。
ここで降りても次のリキシャは捕まらなそう。

時間もないので、しょうがなく前の座席に座ることに。
思った以上にギュウギュウじゃねえか。
バランスを取るために、おじさんと肩を組む感じで手を伸ばす。

それで ようやく走り出した乗車率200%(前だけ)のリキシャ。
側から見たら不思議な光景だろうな。

そしてここからおじさんの不可解な動きが始まる。

ハンドルを握るおじさんの肘が、俺の股間にぴったりフィット。
アクセルグリップを回すたびにグイグイと押してくる。

最初は狭いからしょうがないと思っていたが、どうやらワザと触ってる。
おじさんの体は不自然に俺側に傾いているし、アクセルもアホほど小刻みだ。
とにかく必要以上に触ってくる。

このおじさんは変態らしい。

やめなさい。と言っても、狭いからしょうがないの一点張り。
後ろの席に戻ると停まってダダをこねる。この繰り返しがあと15分続くのか。。

ネタにもなるからいいやと我慢して目的地まで。
お釣りも貰わず下車。女性はこういう気持ちなんだろうか。

その日けっこう酔った。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村

ピンポン居直り

11月14日はインドの子供の日。

子供が大好きだった初代首相ネルーの誕生日を記念してこの日が子供の日になったらしい。

確かに子供はかわいい。
インドの子供は目がクリッとしてて人見知りも少ない。天使のよう。

ただ少し、インドの子供は元気が過ぎる。
最近 近所の子供ちゃん達のイタズラが止まらない。

優しい東洋人って事がばれたのか。舐められているのか。
隣に住む3,4歳ぐらいの子供ちゃん達の暴走が止まらない。

仕事を終えて自宅に帰ってゆっくりしているとそれは急に始まる。

まず、一回インターホンが鳴り、
ん?と思い玄関に近づくとピンポンの連打が始まる。

玄関前で深いため息をついてから扉を開けると、
満面の笑みをした3,4歳の兄妹二人がニコニコしている。

また君たちか。
ピンポンダッシュならまだ怒れるんだけど、
かわいい顔でいられるとうまく怒れない。

子供用の車おもちゃの上で不敵な笑みを浮かべている。
俺の顔を見ると興奮して「ワー!」と叫んで余計にはしゃぐ。

とりあえず「このボタンは押しちゃダメだよ!」と言うと、
クリックリの目を輝かせて「うん!」と頷く。

かわいい返事に半分笑いながらもう一度念を押して部屋に戻る。
すると、さっきより激しいピンポンの連打。

遊ばれとる。
ちょっと怖めに「やめなさい!」と出ると「ワー!」と喜ぶ。

インドの子供は怒られ慣れてない。
自由に育てられているので超自由。
23時過ぎても平気で外で遊んでる。でもここでは普通なこと。

このいたちごっこに切りはない。
そう思ってインターホンのスイッチを切る。

でも、そんな日に限って大事な郵便物が届く。
いい解決法はないだろか。

母ちゃんムンバイに来る

2014年10月16日
母ちゃんムンバイへ。

海外旅行好きの従姉妹に連れられ、母ちゃんがムンバイにやって来た。
もちろんインドに来るのは初めて。

日本とは真逆のようなこの国。
この暑さと騒音と臭いは母ちゃんにも衝撃だったみたい。
顔が強張ってたな。

インドで数日過ごして、安心したのか不安が増したのか。

それでも、たくましい母ちゃんは日本では見れないもの、
出来ないことを楽しんでいったみたい。

本人もこのブログを読んでいるので、あんまり書きたくはないが、
こんな国にまで来てくれるのはありがたい。

息子はそれなりに頑張っていますよ。
次はもう少しいい観光向きの国に連れてくね。