【動画】インドの焼きそばの作り方

屋台で焼きそば食べました。

辛くて美味いけど量が多い。

確実に太って来てます。
この動画を作る唯一の欠点。
食わなきゃならない。

出されたものは全部食うという、
動物のような若者だった私。

食あたりは無いんだけど、
どの料理も脂っこくて胃がもたれる。
そんなお年頃になりましたよ、おっかさん。

お盆には痩せた状態で帰国したい。

【動画】インドのチャーハンの作り方

屋台のチャーハンを食べました。

インド風に言うとフライドライス。
ボリューミーだけど、
日本米よりも軽いから結構食べれる。

因みに、
店によっていろんなフライドライスがある。

上海ライス
満州ライス
四川ライス
香港ライス
シンガポールライス
コリアンライス

前にジャパニーズライスってのを食べたけど、
食べたことない味でした。

そして店によって味も種類もバラバラ。
美味しいけどね。

お試しを。

【動画】インドのかき氷の作り方

海辺でかき氷を食べて来ました。

今更ながらいろんな屋台に挑戦してます。

味によって当たりハズレが大きいけど、
やっぱりかき氷は日本のもが一番。

今年の夏は日本のかき氷が食べたい。
宇治金時が食べたい。

【動画】インドのたまごサンドの作り方

最近は動画作りにはまりつつある。

インドでよく見かけるけど、よく行かない。
屋台の卵焼きパンを食べてみました。

インドは動画で見た方がわかりやすい。
本当は匂いも伝えたいんだけど。

ちなみにこれを食べた後、少しお腹が…
雨季前にどうぞ。

よく寝るおじいちゃんの話

いつも寝てるおじいちゃんがいる。

アパートの入り口でいつも椅子に座って寝てる。
今朝も寝てた。
70歳くらいの小さいおじいちゃん。

みんなで集まって喋ってる時もひとり寝てる。
この間少し雨が降った時も寝てた。
暑い日ももちろん寝てる。
犬が吠えようが、子ども達が騒ごうが関係ない。
場所は変わるけど、いつも同じ椅子で寝てる。

夜遅く23時ごろ帰った時にも寝てたし、
その翌朝早く家を出た時も寝てた。
一晩寝てたのかもしれない。
もう人形かもしれない。

と思っていた昨日、
ついに起きてるところを見た。

目を開けている。
黒目がちなつぶらな瞳。
俺と目が合い、ちょっと感動。

でもすぐ寝た。

多分いまも寝てる。
よく寝るおじいちゃんの話。

イクティス?

「イクティスって何ですか?」

仕事中、インド人のスタッフが突然聞いてきた。
イクティス…?聞いたことない。

逆に何それ?っと聞いてみたところ、
どうやら俺はしょっちゅうイクティスという単語を言っているらしい。

いや…
言ってねぇ。

Googleでイクティスを調べても、
パチンコ屋と病院しか出てこない。

俺がいつイクティスって言ってるか聞くと、
ランチ前とかによく言ってるらしい。
頭を少し下げて、ちょっと右手をあげてイクティス!と言ってるらしい。

そんな変な奴はいないわ。

イクティスとは何でしょう。

ブログ再開します。

まぁ週一くらいで更新していければと。

もうムンバイに来て3年以上。
初めて来た頃に比べて驚く事もだいぶ減ったなぁ。

5人乗りのバイクを見ても、
幹線道路の真ん中で熟睡するおじさんを見ても、
車で追突事故に遭っても最近は大して驚かない。

ここは紙幣が1日にして使えなくなる国。
何が起きても変じゃなーい。

しかしインドはどんどん変わっていく。

まず紙幣が新しくなった。
上で書いたように突然も突然。
最近は落ち着いたけど、初めは現金が足りなくて大変だった…

あとは、リキシャに乗る回数が減った。
UberやOlaタクシーがどんどん普及したので、
エアコン付きのタクシーで、場合によってはリキシャより安く移動できるようになった。
今後リキシャは減っていくだろうな。

そして、僕自身。
紆余曲折ありまして今は新しい環境で働いとります。
ご迷惑やご心配をおかけしましたが、相変わらず元気にやってます!
当分はムンバイにいることになるでしょう。

少し前に、日本人会のイベントでムンバイにある日本人墓地へ墓参りに行った。
戦前、ムンバイには3000人ほどの日本人が暮らしていた時代があり、
その頃に当地で亡くなった日本人のために建てられた立派なお墓。

40名ほどの日本人が集まり、祈りを捧げるなか、
「下手したら、ここに入るんじゃないか…」と思っていたのは、
きっと僕だけ。

「できれば畳の上で死にたい!」
と言ったら、
「ムンバイに畳持ってきてあげる」
と優しい方が言ってくれました。

とりあえずブログ再開!

ポワイに日本食屋さんオープン!

今日、1月25日からポワイに日本食屋がオープン!

お店の名前は「とりこ」
ポワイのギャレリアモール内に店舗を構えて、
まずはデリバリーとピックアップだけから開始。

ポワイで家にいながらカツ丼が届く時代、すごいなぁ。
デリバリーはアンデリーでも出来るそうなので、会社にも唐揚げ弁当が届いちゃう。

メニューはこんな感じ。日本人が作る。
image
これから生姜焼き弁当とかうなぎ弁当とかメニュー増えるとか。
日本食はどんどんインドに広がってるなー。応援したい。

「とりこ」
電話: 022-40224366
携帯: 900404370

オーダーの際に「坪和の知り合いです」と言うと少しお得に。
お試しを!
image

3年ぶりの日本の冬

3年ぶりに日本の冬を体験して驚くこと。

頬の筋肉痛
寒さから無意識に歯を食い縛るので到着2-3日目から頬筋が痛くなる。
ムンバイで歯を食い縛る事はあまりないのかも。小顔効果ありそう。

風邪を引く
日本の冬は乾燥していてとにかく寒い。この時期ムンバイは本日30℃。
インドのどんな物を食べても体調は崩さないけど、日本で風邪は一瞬で引く。

お金がかかる
夏服より冬服は高いし、贈り物も飲みの席も多い。
でも夏より楽しい。ご飯も美味しい。熱燗とか最高。

ずっと眠い
寒いとなぜか眠くなる。コタツなんて超気持ちいい。
昼寝ばっかりしてたし、久しぶりに布団が恋しい現象を体験。

空気がきれい
夏よりも空気が澄んでいて遠くまで見渡せる。
インドでは考えられないくらい遠くまで見えるので遠近感パニック。

黒さが目立つ
この季節に日焼けしてるのはウィンタースポーツ狂いくらい。
でも俺は二の腕まで黒いんだぜ。足もだ。

虫がいない
蚊どころか虫らしい虫を一切見なかった。
野良犬も牛もヤギもイノシシもいない。人間が住みやすい。

街が静か
寒さから外出を控えるのか、外が静か。
日本の街と自然の美しさにひたすら感動。日本人女性もやっぱり綺麗。

暖房が暑すぎる
エアコンから暖かい風が出るなんて。
冬服を着たままの電車は夏よりも汗かく。そして眠くなる。

久しぶりの再会が多い
年末年始は地元に人が集まる。飲みの席も多く10年以上ぶりに会えた人も。
凄く嬉しい。最高に笑った。新たなスタートだったりする。

年を越した感
年越し蕎麦を食べて、除夜の鐘を聞いて、初詣に行って、駅伝見て、お餅食べて。
このルーティンで日本人は年越しを実感すると思う。今年は年を越せた。

年末年始の日本は最高。次回も日本で年越ししよう。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

別に期待はしてなかったけどね

別に期待してなかったけどね。

土曜日、オートリキシャに乗った。
いたって普通の運転手。普通の対応。でも私服を着ている。

運転手は作業用の制服を着ていることが普通なので、
何となく気になり、なぜ制服を着ないのか聞いてみた。

すると、
「今日は休日だったんだけど、息子が病気になっちゃって、治療代が必要なんだけどお金が足りないから急遽リキシャを出して治療代を集めているんだ」
との事。

こういう話は基本的に信じない。
これで騙されたという話もよーく聞く。
俺自身こういった場合に一切お金をあげたことはない。

でも、少し思うところがあって今回は騙される事にした。

治療代は2000ルピーという。約4000円。
彼は俺に携帯番号を教え、その場でかけると携帯は鳴った。

万が一、息子が本当に病気で苦しんでいるなら治療費にすれば良い。
もし、息子が元気なら一緒に飯でも食えば良い。
そもそも、息子もいないなら仲間とパーティでもすれば良い。

月曜日に返すと言っているが、その確率は数パーセント以下だろう。
そのまま連絡が来なくても別に気分は悪くない。

 

と思っていた日曜日。
突然、彼からの着信。

数パーセントが当たったかな、と思い電話を取ると、
「昨日はありがとう。治療が受けられて息子もとても喜んでいる。あなたのおかげで家族が救われた。あなたは私たちの家族だ、心から感謝してます」
と言う。

まぁよかった。もし返金の話をしてきても断ろう。
そう思っていると、
「ただ、息子には更なる治療が必要で、それには3000ルピーかかるんだ。そもそも初めから5000ルピー必要だったんだ…etc」
との事。

…クロだな。
どんどん早口になっていき支離滅裂。

本当に困ってるなら家族や親戚、上司を頼りなさい。
見ず知らずの外国人に頼る前に、別の方法あるでしょ。
と言うと怒り出したので電話を切った。

がっかり。
2000ルピーだけ持って消えれば良かったのに。
欲まる出しで。

もう期待はしない。やめとこ。
とりあえずアドバイス。
image

今回で一番学んだこと: 怒ると英語は流暢になる。

意味ない煙のやーつ

モンスーンも過ぎてセカンドサマー本番。

蚊が多い。
モンスーンでできた水溜まりから出てくる出てくる。
蚊の大量発生はデング熱やマラリア蔓延にもつながる深刻な問題。

この時期になると殺虫剤の噴霧器を背負った人が、白い煙を撒いて回る。
大量の煙で一帯が真っ白になるくらい。多分人間にも害あるやーつ。
アパートの階段にも回ってくるので、玄関を出たら白い煙で視界ゼロだったりする。

image

確かに効果はあると思う。
でも、ほとんどの蚊は死なず逃げ回る。

どうやら、この白い煙が過ぎ去った後は、やたらと部屋に蚊が出る。
おそらく煙から逃げた蚊が、安全な俺ん家に逃げ込んでるんだろう。
侵入して来れそうなところは…何箇所かある。

今夜も俺の体はドリンクバー状態。
やめて欲しいんだよな、あの意味ない煙のやーつ。

明日から何を着よう

もう着ていく服がない。

洗濯機の調子が悪くなったのがもう10日以上前。
洗濯槽が回転しなくなったので、洗いも脱水もできない。
汚れた服を濡らすだけのでっかい箱。

修理はすぐ、故障した次の日に手配。
手際良く修理をして帰ったが、その日のうちにまた故障。
なんだったんだあの時間。

その後は忙しいとか何とかで修理に来ず。
別の修理業者を手配。

数日後、別の業者到着。4時間遅れはまあいい方だろう。
点検したところ、動作を管理する機械が壊れてるらしく、持ち帰って修理したいとの事。

よくぞ原因を見抜いた。いいよ、持って帰ってくれ。
と言って1週間。
全然返ってこない。

下着類やワイシャツはもうない。
それらを買いに行くための服すら危うい。

明日から何着よう。

知らんかったぞインドタウンページ

インドタウンページってアプリがある。

インドにいる日本人向けの生活情報アプリで思ってる以上に便利。
多分まだそんなに知られてないんじゃないかな。

image

俺も知らなかったけど、結構な情報の多さ。

-グルメ、買い物、ホテル、公共施設などを地図と日本語で解説
-レンタカー情報、学校、美容院、習い事など情報量が豊富
-観光名所の日本語案内
-ヒンディ語の翻訳、使えるフレーズの紹介
-インド料理のレシピ紹介
-各地の天気情報
-おすすめブログの紹介
-割引クーポン情報もあり

これが無料で使える。質も高い。

アプリ版
App Store版 インドタウンページ
Google Play版 インドタウンページ

HP版もある(俺ちょっと載ってた)
インドタウンページ

今のところムンバイとデリーに対応していて、バンガロールにも対応中。
インド住みには損のない内容。おすすめです。

俺のブログも載せてくれないかなー。

映画館は朝がオススメ

ハリウッド映画が日本より早く見れるのはインドの嬉しいところ。

今夜も近所の映画館へ。
目的はマットデイモン主演のSF映画「The Martian」

不慮の事故で火星に取り残された植物学者が生き残るために…という物語。
最新のCG技術で再現された3Dの火星はもの凄いリアル。一見の価値ありあり。

火星はいつか行ってみたいけど、どうやら人間が生きやすい環境ではないな。
という事を感じる映画。でも行った気分になれる映画。
笑えて感動して最後までちゃんと閉めてくれる。

日本では2016年の2月に公開。日本でのタイトルは「オデッセイ」
早めに見れて嬉しかったけど、やっぱり映画は日本でみたい。

字幕のありがたさもあるが、なによりインドの映画館は集中しづらい。

静かに集中して物語に集中したい自分としては、人が少ない時間を選びたい。
人が少なそうな23時の上映を狙って行ったが、インド人は夜行性。甘かった…

上映中もベラベラ喋っちゃう元気な学生達には舌打ちや睨みは効かない。
永遠にポップコーンを食べ続ける横のカップルは口を開けて食べるタイプ。
Lサイズピザをみんなでワイワイ食べちゃう目の前の家族一行。
上映中に消し忘れられた非常口の明かりがマットデイモンを凌ぐ存在感。
嵐のシーンで泣いちゃう赤ちゃんと火星に飽きて走っちゃう子供。
クライマックスシーン途中なのに照明全開にしちゃって最後のシーンぼんやーり。

普段はもう少しマシだけどね。
「オデッセイ」の方を観に行きたい。

事件です

また洗濯機が壊れた。

洗濯はするけど脱水をしたがらない。
洗いが終わるとピコーピコーと鳴いて、鳴き疲れると寝てしまう。

はじめは、無理やり叩き起こして脱水させてたけど、
もう洗いすらしなくなってきた…

いい加減 洗濯物も溜まってきたので、修理をお願いする事に。

 
修理は意外と早く、翌日やって来た。そして簡単に終わった。

原因は排水管。
ゴミが詰まって水が流れないって泣いてたらしい。
ピコーじゃわかんねぇよ。

修理が終わり、もう問題なく使えるよと修理スタッフが言ったので、
その日の夜は洗濯祭を開催。

スイッチを入れるとピコーン!とご機嫌。
溜まった洗濯物を入れて洗濯スタート。
見違えるほど一所懸命に洗濯してる。いい子だ。

寝室でくつろぐこと40分。
ティローン!ティローン!と終わりの合図が鳴ったのでドアを開けると、
そこは一面水浸し。
初めて見る光景に思考停止。

ダイニングもキッチンも玄関も全部プール。
雨の浸水?と思ったが、今日は晴れ。

犯人はティローンと言ってるお前だな。
嬉ションってやつか!アホが!

よく見ると、排水管が排水口にはまってない。
配管がダイニングの方を向いたまま放置されてる。
あの修理工め…

元気になった洗濯機はご丁寧に、洗いとすすぎ2回、脱水をこなしてる。
流れ出た水は100リットル近い。

幸い、インドのアパートは床が大理石なので、
下の階に迷惑をかける事はほとんどない。水はただ溜まるだけ。

修理工への怒りは収まらないが、このままだと足がふやける一方。
仕方なく排水作業をする事に。

時間は22時。
いい方法は見つからず、タオルを敷いてバケツに絞るの繰り返し。汗だく。
深夜12時には足が震えだし、1時には倒れるように寝ました。

その日は確か、水泳部時代の夢を見た。
image

家政婦をミタ

仕事中、野暮用で自宅に戻る事に。

会社から家までは数百メートル。
雨も降ってなかったので、歩いて行くことに。

家には10分もかからずに着く。

玄関に着くと、なぜかドアが少し開いていた。
メイドが作業中なのかなと思い、ドアを開ける。

部屋は薄暗い。シーリングファンだけが回ってる。
やけに静かだ。

ふと、気配を感じてソファに目をやるとメイドがいた。

…思いっきり寝てやがる。

最近 不眠症の俺には羨ましいくらいグッスリの熟睡。
俺が帰ってきた事にすら気づいてない。

確かメイドは午前中に作業を終えて帰るはず。
現在15時30分。こいつ、結構寝てんな。

 

まぁいいや、部屋は綺麗になってるし。
疲れてんだろう。

物音たてずに用事を済ませ、玄関を出ようとする。
振り返ってみたが、まだ寝てる。

こいつ夜帰ってきても まだ寝てんじゃねぇかな。

 

⬇︎クリックしていただくとこのブログが少し元気になります。
にほんブログ村 海外生活ブログ ムンバイ情報へ
にほんブログ村